個別指導のパイオニアの明光義塾は、教室数・生徒数ともにNo.1。
ご家庭からのニーズの高いマンツーマンの個別指導スタイルで今後も成長し続けます。

安心の実績

個別指導 教室数No.1
個別指導 生徒数No.1
チェーン末端 売上高No.1
全国2100教室 以上開校
1960年~ 個別指導のパイオニア

2015年8月末現在

ご家庭からのニーズが高いマンツーマンの個別指導スタイル

明光義塾は、小学1年生から大学受験生までを対象とした、全学年全教科の個別指導専門の学習塾として、全国に2100教室以上を開校しています。
明光義塾は、これまで学校や大手進学塾が行ってきたような一人の先生が何十人もの生徒を一斉に教える「集団指導」とは異なり、生徒一人ひとりの学力と個性に合わせて徹底した、マンツーマンの「個別指導」を行っています。
学習スペースを一人ひとりブースで仕切り、授業は各自のカリキュラムと理解度に合わせて個別に進行。生徒がいつでも質問しやすい環境の中で、講師はわかるまでじっくり対応します。わからないところをそのままにして先へ進むことをせず、生徒の学習の進度や性格もしっかり把握したうえで、一人ひとりにぴったりの授業を展開します。

明光義塾は個別指導のパイオニア。教室数・生徒数No.1

1960年の創業以来一貫して「個別指導」にこだわり、半世紀以上にわたって個別指導だけを行ってきた明光義塾は、まさに個別指導のパイオニアです。
わずか18年で1000教室開校を達成し、現在では2100教室を超える明光義塾は、北海道から沖縄まで全国に展開し、生徒数・教室数ともに業界No.1です。
明光義塾は、個別指導に関してのあらゆる経験と実証を繰り返し洗練されたノウハウや経営システムを持っている学習塾です。

少子化の時代だからこその個別指導。明光義塾は、まだまだ成長し続けます。

少子化が深刻な問題として取り上げられています。平均寿命が延びて高齢者の人口が増える一方で、出生率の低下によって若年人口が減り続ければ、労働人口は減少し、国力の低下は避けられないからです。国としての政策が待たれる重要な課題だと思われます。

しかし、少子化は、子供一人ひとりを大切に育てていく流れも作りました。そのため、個別指導に対する需要はむしろ増加しており、明光義塾は創業以来右肩上がりの成長を続けています。

集団塾を含む学習塾業界全体から見れば、個別指導塾の占める割合はまだ4割程度であることから、明光義塾がシェアを伸ばしていける余地はまだまだ十分にあると考えられます。明光義塾はこれからも個別指導で、成長し続けていきたいと考えています。

明光義塾の教育理念

「個別指導による自立学習を通じて創造力豊かで自立心に富んだ21世紀社会の人材を育成する」

「自立学習」の本来の意味は、目標を持ち、その目標をかなえるための手段を考え、主体的に学習に取り組んでいくことです。
将来様々な問題にぶつかった時に、どのような手段で問題を解決し、目標を達成していけばよいか、その「考える力」と「実行する力」を勉強を通じて身につけてほしいと考えています。
明光義塾では、学習の大切さと勉強の仕方を指導してきます。
「勉強の仕方」が主体であり、問題演習や知識の吸収はそれに付随することと考えています。
これらの訓練には、「個別指導」という指導法が最も適しています。
明光義塾の個別指導は、生徒に対して必要以上に教え込むことをせず、できるだけ自分で考え、調べさせ、発見させるようにしていきます。
この発見が「わかったつもり」ではなく、「できる」状態に導くのです。

明光義塾では生徒のみなさんの将来を見つめ、社会の中で生きぬく力が身につくよう指導していきます。