Column

(塾経営コラム)

塾経営の方法とは?個人経営とフランチャイズのメリット・デメリットを比較

塾の経営を検討するにあたり、初めに決めておきたいのが「個人経営」にするか「フランチャイズ」にするかです。「個人経営とフランチャイズのどちらがよいのかわからない」「塾の経営に必要なモノや資金が知りたい」という方のために、個人経営とフランチャイズのメリット・デメリットをわかりやすく比較してみました。

また、塾経営に必要な準備や資金の情報に加え、個別指導塾が持つ強みについてもご紹介します。

塾経営の方法比較:個人経営とフランチャイズ

まずは、塾の個人経営とフランチャイズについて、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

個人経営のメリット・デメリット

個人経営のメリットとしては、授業スタイルから教材に至るまで、すべて自分の思い通りに経営できる点が挙げられます。確固とした教育方針があり、オンリーワンのスタイルをとことん追求したい場合は、個人経営のほうが自由に運営できるでしょう

デメリットとしては、個人経営では物件探しから備品まで、すべて自力で準備するため、開業までに時間が掛かりがちです。「この方法でいける」と思っていても、実際に生徒が集まり実績を積み上げるまでに、予想以上の時間を要するケースもあります。又、ブランド力がないことも立ち上げ時には影響が出やすくなります

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズ経営の最大のメリットは、ネームバリューとブランド力を生かせる点にあります。「すでに学習塾として成功している」という看板付きで経営できることに加え、確かなノウハウも身につきます。開業までの流れもスムーズで、未経験でも比較的安定して開業することができるのです。

フランチャイズのデメリットは、いわゆる「ロイヤルティ」の発生と、フランチャイズのスタイルに従って運営する必要があることでしょう。「型破りな教育がしたい」「ルールにとらわれたくない」という思いが強い場合、窮屈に感じるかもしれません

塾経営に必要な準備やモノ

次に、塾を開業、運営する際に必要な準備やモノについても確認してみましょう。

開業資金

塾を開業する際に必要となる資金です。フランチャイズであれば加盟金、物件の賃料、什器などの備品、教材費や広告費などをメインに、当面の運転資金の準備が必要です。

明光義塾オーナーの平均自己資金は約500万円ほどですが、足りない場合は融資を受けて開業することも可能です。

物件

塾を開くための物件探しも重要です。コストはもちろん、交通の便や立地、周辺地域の状況もよく見て検討します。

備品

デスクや椅子、ホワイトボードにカウンターなどのオフィス家具から文具、事務用品などもそろえます。

講師・スタッフ

科目を担当する講師や事務、受付アシスタントなどの人材を集めます。

生徒

広告パンフレット、チラシ配布などで生徒を募集します。

塾経営のスタイルとして注目の個別指導塾

近年の少子化により、塾経営は集団の学習塾よりも少人数制の個別指導塾が注目されてきています。個別指導塾には、どのような魅力や利点があるのでしょうか。

リスクが少なく、小スペースで運営できる

個別指導塾は、集団の学習塾に比べると少人数・小スペースでの運営が可能です。小規模経営なら開業資金も比較的少額で、リスクも低く抑えることができます

 

少子化の時代だからこその個別指導

塾経営を検討する際に「少子化の時代に、塾経営で本当に成功できるのか」といった指摘を受けることがあるかもしれません。しかし、少子化によって子どもにかける教育費は年々上昇しています。少子化の時代だからこそ、子ども一人ひとりの学力にあわせて、きめ細やかな指導が受けられる個別指導の需要が増加しているのです

明光義塾のフランチャイズの特徴

明光義塾は個別指導のパイオニアであり、全国の都道府県に2,000以上の教室(2018年12月末現在)を展開しています。教室業務全般をサポートするシステム「METIS Network」の利用や、インターネットのポータルサイト等の活用で本部から的確なアドバイスが受けられます。

いつでもどこでもネットワークを通じてアクセス可能となる明光eポ(エポ)では、塾と生徒、家族で指導内容を共有できるシステムを採用しています。生徒自身の主体的な学びを支援する「振り返り授業」をはじめ、通知表の結果や学校内で実施されたテストの点数などの記録・蓄積が可能です。

ネットワークを通じて情報を蓄積し、プロからの指導が受けられる体制づくりは、個人経営ではなかなか難しいものです。明光義塾のフランチャイズでは、30年以上子どもへの個別指導を通して培った教育方法のノウハウが、塾経営者のサポートにも生かされています

まとめ

個人経営塾では自由な経営方針を打ち出せるメリットがあり、フランチャイズではスピード展開が可能であり、確かな実績とノウハウによる確立したビジネスモデルを通して、塾経営未経験者でも着実な開業が叶うというメリットがあります。少子化の現代だからこそ、家庭での教育に関する意識は高まり、個別指導塾は注目されているのです。

時代に即した経営や指導のサポートが受けられる明光義塾のフランチャイズなら、経営者の教育への情熱と生徒の学力向上、家庭での満足のすべてを満たすことができます。